夢人間たちの共和国―東京国際ファンタスティック映画祭10年史

著者名 小松澤陽一

出版社 シネマハウス

1985年5月31日、東京・渋谷に熱い夢空間が誕生。
そして、10年。いま東京ファンタ」は時空を超え、新たな冒険に旅立つ。
“泣きの小松澤”の異名でしられる映画祭プロデューサー小松澤陽一が、映画への愛に燃えて世界を奔走する映画人生と、観客の熱狂が支えた映画共和国の全貌を書き下した、爆笑と感涙の入魂の一冊。